トップページ > オススメの公務員面接対策マニュアル

実際に購入して合格したオススメの公務員面接対策マニュアル

公務員面接対策にはこれだけあれば十分!

公務員の面接対策としては、書店に行けばさまざまな対策本が販売されています。しかし、残念ながら私にはそれほど参考になりませんでした。というのも、対策本に書いてあるのは、

の2つがほとんどだからです。

対策本を読めば読むほど自分の志望動機が分からなくなる・・・

公務員の面接試験の合否は、「志望動機」で決まります。これは疑いようのない事実です。実際に面接対策専門校などに行って面接対策を行ってみたりしました。この面接対策専門校では、他の受験生の面接の様子などを見ることもでき、皆でディスカッションを体験することもしました。しかし、周りの受験生を見る限り、面接時の受け答えや態度などはほとんど差がありません

多くの受験生は、面接で何を聞かれるのか?どう答えれば良いのか?という技術的なことを気にして対策をしていきますが、そういった対策をいくら行っても他の受験生と差が付くことはない、ということです。

私は他の受験生の面接のやり取りを見て、それにようやく気付くことができたのです。

そして、多くの受験生が似たような志望動機を語るというのも、きっと書店などで売られている面接対策本を読みすぎて、それが頭の中に入りこんでしまったのではないかと。この面接対策専門校には本当に感謝しています。自分が面接官役をして他の公務員受験生の面接を見ることがこんなに勉強になるとは思いもしませんでしたから。

受かる志望動機を組み立てる方法はこのマニュアルに全て書かれています

公務員面接試験合格必勝マニュアルは本編だけでも173ページのボリューム私が志望動機の重要性に気付いてからというもの、自分なりの志望動機を組み立てる方法を探すために、書店で購入した公務員の面接対策本は10冊を超えます。(実際には、Amazonにて片っ端から購入しました)

しかし、どの本も、合格者の志望動機などが紹介されているだけで、実際に自分の経験を活かした志望動機を作成する方法が書いてある対策本は皆無でした。

そんな時、ようやく一冊のマニュアルを発見しました。

それが、左の写真からも分かるように本編で169ページもの情報量がある、公務員面接試験に専門化したマニュアルです。
【追記】2014年版ではDVD動画による志望動機作成、面接の受け答え、マナーなどが追加されています。

>>  公務員面接試験一発合格講座とは?

このマニュアル、知る人ぞ知るマニュアルということで、数年間にわたってロングセラーを記録しているマニュアルなのです。

こういったマニュアルはあやしい?

実は、このようなマニュアルはあやしい・・・ということで、存在は知っていましたが、購入するのは躊躇していました。しかし、以下のようなことが公式サイトに書いてあり、自分ががんばる限りにおいて、リスクが少ないということで購入したのです

質問と回答:本当に合格できる志望動機がゼロから作れるの?なんだか信じられないのですが。
 私の教材は大手の予備校の教材に比べると、知名度はありません。しかし、今まで購入してくださった214名(2013年2月現在)のうち205名から満足していただいていますので、満足度では大手に負けていないと自負していますし、そのためのアフターフォロー講座も設けています。あなたの公務員試験合格を全力でサポートいたします。

引用元: 公務員面接試験一発合格講座

実際に合格者を輩出している事実を考えれば、マニュアルの信頼性が高いことは明らかです。後は、自分がどれだけ学びを深めることができるか。それも、DVDによる解説講義によって細かなニュアンスなどを感じ取りながら自宅にいて進めることができるというわけで、特に地方にいても最良の対策を行うことができると考えて良いのです。

公務員面接試験必勝合格マニュアルに書かれている内容とは?

圧倒的な情報量!印刷するならば注意が必要です公務員面接試験必勝合格マニュアルには、公務員の面接試験合格に必要な全ての情報が網羅されているといえます。(現在は173ページではなく、169ページに変更されています)

その中でも、最も参考になるのが「志望動機の作成方法」です。恐らく、志望動機の作成方法がここまで具体的に整理されているマニュアルは存在しないと思います。書店で売られている対策本とは全く異なる視点で、志望動機の作成方法が公開されています。

その具体的な考え方ですが、前提にあるのは、「受験生各々が異なる志望動機になって当然」ということです。そして、志望動機というのは、2つの視点が重要であるということを解説しています。

その2つの視点というのは、「自らの体験・経験」と「面接官の思惑」の2つです。志望動機というのは、公務員受験生の過去と未来をつなぐためにしっかりとした軸を持たなければなりません。しかし、それが独りよがりなものではいけないわけです。そこで、面接官の思惑、つまり、面接官の考えていることをミックスさせながら、具体的かつ客観性を保った志望動機を作りこんでいく。しかも、それは3つのプロセスに当てはめていくことで、自動的に完成するようになっているのです。

あとは、そこで完成した志望動機に細かい肉付けを行い、面接カードに落とし込めばあなたオリジナルの受かる志望動機が完成するという流れになっています。

そんなあなたにはまさに目からウロコの情報だと思います。実際に、私もこのマニュアルのおかげで、ブレない志望動機を作成することができ、自信を持って面接試験を受験することができました。

>>  公務員面接マニュアルに書かれている詳細内容はコチラ

【追記】2013年版より大幅に教材がパワーアップして、私の時のようにテキストだけということではなく、DVD講座により動画受講をすることができます。詳細なプロセスや微妙なニュアンスをより正確性を持って掴むことができるといえます。

このマニュアルがオススメでない人

自分でさまざまな本を購入した結果、このマニュアル以上のものはたぶん存在しないと思います。しかし、このマニュアルを上手く使いこなすことができない人は購入しても無駄になると思いますので、以下の人にはオススメできません。

上記の人は、人物評価が重視される公務員試験に合格するのは難しいと思いますので、このマニュアルは買わないほうが良いと思います。一方、以下のような人はさらにこのマニュアルを有効に活用することができると思います。

志望動機は受験する公務員試験ごとに「変わる」ものです。というのも、面接官は試験ごとに考えることが異なるからです。このマニュアルがあれば、国家公務員試験でも、地方公務員試験でも、試験種や試験地がどこであっても、あなたの経験と体験を活かした面接官を唸らせる志望動機を作ることが出来ます

テクニックではなく、面接試験を本質的に攻略するために

公務員面接試験一発合格講座の写真平成24年度から国家公務員試験も新採用試験へと変わりましたが、その骨子は「名称変更」と「人物評価重視」の2つです。

国家公務員試験では、人事院面接は過去の合格者の志望動機を真似したものでも対応できるかも知れません。しかし、その後に控える官庁訪問等での面接では、しっかりとしたあなたなりの志望動機がなければ合格は難しいでしょう。国家公務員削減の方針が打ち出される中、平成24年以降の採用試験では筆記試験の成績以上に、面接試験での人物評価を重視されるようになっています。

もちろん、この傾向は地方公務員でも同じです。今までのように、「自分が生まれた地元に貢献する」といったありきたりな志望動機で合格を勝ち取るのは難しいといえます。(実際に、私も地元の市役所にありがちな「自分を育ててくれた地元に貢献し~」という志望動機で玉砕した経験があります)

人物重視の傾向を受けて、しっかりとした志望動機を自分の中に持つ、それこそが公務員面接試験を攻略するポイントであるといえます。

私も最初は、公務員面接試験に合格するためのテクニック(技術)を追いかけていました。あなたもそうかも知れません。しかし、そんなテクニックでは通用しない時代になっています。また、テクニックでは面接官からの思いもよらぬ質問に回答できないというリスクを抱えることになります。

ここで紹介したマニュアルは、まずは面接試験を突破するための本質である「志望動機の作成」を学んでから、具体的なテクニックを学ぶように工夫されています。テクニックだけでもなく、本質だけでもない。その両輪をしっかりと押さえる本物の面接対策を自宅で学び、作りこむことが可能です。

【内緒の話】
実は、当サイト経由でこの面接講座を購入する人が本当に多いのです。そこで、教材の作成者ともいえる公務員面接試験研究所の安達講師より、特別なレポートを進呈していただきました。この特別レポートは、試験の裏側や面接官の考えを対談内容でまとめたもので、全17ページもの量で公務員試験を暴露しています。当サイト経由の人だけがもらえる、教材には含まれていない限定資料です。

この資料は、当サイト経由で申し込む際に購入画面に以下のような特典表示がされていることを確認してください。当サイトから入手できる限定レポートです
申込後、テキストやDVDなど一式は自宅に送付されますが、この限定レポートはダウンロードしてすぐに読むことができます。教材が到着するまでの時間を使って、読み込んでおくと非常に有利な状態へと持って行けると思います。

まずは次の公式サイトで情報収集してみてください。ゾクゾクするようなやる気をあなたももらうことができるはずです。

>>  公務員面接試験一発合格講座の詳細はコチラ

過当投機の防止